スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夏の夕暮れに


夏の散歩は夕方に行かざるを得ない
日中は照り返しがきつく、地面に近い小型犬には、たかが散歩でも負担が大きいから


個人的には夏はあまり好きではない
もっと正確に言うと大人になってから好きでなくなった
汗をかいたあとのベタツキがどうにも我慢ならない、ただそれだけのことなのだが
だから、日差しが弱まり、涼しげな風が吹く夕方の散歩に行かざるを得なくなる


人間がそんな気持ちだから犬もそうかと言うと、案外そうではなくて
どんなに暑くても外に出かけるのはやっぱり楽しいよう
日陰を見つけては一休みするのは人間と同じだが、走り回ると気分がよいのだろう


そんな姿を火照った頭でぼんやり眺めるとこちらも嬉しくなってくる





まだ時期は少し早いかもしれないけれど、蝉の声を聞くことはない
冷静に考えると、子供の頃のように蝉の声が当然に聞こえていた夏というのは少ないように思える


蝉の声を聞く前にトンボを見かけた
昆虫にはあまり詳しくないので先入観だけれど、トンボは秋の風物詩という思い込みがある
もしそれが本当なら、夏だと思っていたら秋がその準備を始めたのだろうか


毎日があっという間で、季節が待ってくれない


自分の頭の中では仕事のことばかりなので、遊びのことばかりに時間を費やすことが
今はとてももったいないと考えている

息抜きが下手だと他人から言われるけれど、遊びは自分の中でのプライオリティーがものすごく低い順位にあるので、
むしろ仕事中心の生活が自分らしいと思うし、仕事が一番の趣味のようなものだと受け止めている


30〜40代という時間はものすごく貴重な時間だと思っているから、仕事が半端、遊びも半端…
とにかく半端な生活をするのが馬鹿らしいと感じる


そして、何よりも未だ震災でご苦労されている多くの方が世の中にたくさんいると思うと、
自分の楽しみだけを追い求めることに大きな躊躇いを感じてしまう

テレビ、新聞でも原発や政局のことばかりがクローズアップされていて、つくづく日本人という
国民性は熱しやすく冷めやすいことが実感される




だったら仕事に全霊を懸けて、日常で出来る支援を地味に続けていたい
今はそんなようにしか思えない






Daily life comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bythemind.jugem.jp/trackback/64
<< NEW | TOP | OLD>>